Kopi time

シンガポール生活logを気ままに。

Kopitime

Kopitime

シンガポール生活logを気ままに。

ストローラー(ベビーカー)について:プロローグ

ベビーカーは英語でStrollerまたはPramと言います。※ベビーカーは英語ではない。

 

今日はそのストローラー(ベビーカー)について。

 

私、ムスメのストローラーを探す事約1年。。。

ワタクシ、妊娠中から産後に至るまで相当調べました、ハイ。。。

 

今では、国内外のほとんどのブランドについて知る事となり、これから出産を控える友人たちのアドバイザーとなっておりますw

 

そんな私が我が家のライフスタイルに合うストローラーをついに選定!

海外ブランドのものです。

 

さてこのストローラー(ベビーカー)問題。

 

日本式でいうと、所謂A型B型AB型とありますが、本当に用途やライフスタイルによって選ばないといけません!

 

結局、全てに於いて満足いく1台というのを見つけるまでに大分時間をかけました。

いや本当に!

 

友人から海外メーカーのお古ストローラー&カーシートを頂き新生児期より使用していたのですが、

産後こちらに戻りそろそろ新品ストローラーを買おう、とやっと重い腰をあげて本気モードに。。。

(ちなみにお古のはBabyhomeEmotionEgg0+でした。こちらではよくフェアーなんかにも出されており割と手に入りやすいです。欧米でも人気ストローラーの一つで、日本でも購入やレンタル可能です♪ユーザーが増えています♪とても使いやすく走行性も抜群。スリムなB型寄りのストローラーです。最高に満足なストローラーでしたよ!

ご興味ある方はアマゾンと楽天のリンク貼っておきますね!)

www.amazon.co.jpitem.rakuten.co.jp

 

 

 

我が家のベビーカーはBABYZEN(フランス)のyoyo+日本含めてあちこちの国で購入可)というストローラーです。

0+のセットにしたので、カーシート使用時と違いフルフラットシートでムスメもリラックス。

 

カーシートは角度があるので、長時間寝かせるには不向き。

実際、出産後退院時に法律でカーシート保持を定められているアメリカでも、2時間を超えて寝かせるのは良くないと注意を即しています。飛行機の狭い座席に長時間座るとエコノミー症候群になる可能性があるとされていますが、カーシートの場合は「揺さぶられ症候群」に気をつけなくてはなりません。

 

事実、ムスメはカーシートからベビーベッドに降ろすと、これでもか、というくらい本当に気持ちよさそうに全身を伸ばしています♪

これ、新生児期から生後3ヶ月が終わろうとしている今も変わらない。

やはりカーシートは狭いのですね。。。

 

いやーそのyoyo+が何とも使い易い!!!

何より走行性はEmotionと比べたら下がるけれど、基本的にあのフランスの石畳仕様なのでガタガタ道もタイヤをもっていかれる事は無いです。

シングルタイヤは必須条件にしていたのですが、こちら、小回りも効くし、片手で押せるし。軽いし頑丈でシートとか洗えるので衛生面も◎。

総合的に、国内メーカー物より俄然押しやすくて使いやすいのは間違いない!

 

今回はプロローグ篇といわけで、

そもそものところで、私のストローラー選びについて少々ご紹介しますね♪

 

丁度出産時に新発売されたCybexの最新ラインMios

安田美沙子さんがブログでも紹介されていましたね。(実際にこれに決定したようで。)

私は発売前に百貨店で情報を見つけ、、早速発売後に見てきて即候補に。

AB型の候補としては:

CybexのMios

ーBugabooのBugaboo bee

ーBABYZENのBABYZEN yoyo+

ーピジョンのランフィランフィエフランフィリノン

ーエアーバギーのCOCO BRAKE EX

ーコンビのメチャカル ハンディ オート4キャス エッグショックHG

ー或いはお古で慣れたBabyhomeのEmotionの新品

をあげ、国内外の各店舗たちにて、散々あちこちで押したりただんだり抱えたりしながら試して悩みました。

約半年間程ずっと(笑)。

 

その他、軽量B型としては、百貨店で見つけて一目惚れしてしまったRecaroのEasylifeと、コンビのF2plus AFが候補に。

もっと大きくなったらgb Pockitも気になるところで。

 

A型もいけるタイプか、B型のみのタイプか、悩みますよね。

きっと誰もが一度は通る道のはず。。。

 

型もですが、選ぶ基準としては、

・走行性(できればシングルタイヤ)

・軽量性

・折り畳める事、そしてかさばらないコンパクトさ

・折り畳んだ時に自立式

・ワンオペ育児でも困らない簡単操作である事(片手で折り畳む事が出来る等々)

・そしてデザイン(ファッション性的視点を兼ねて。これが実は最重要ポイントだったりして・・・。)

をあげました。

 

どれか1〜3に絞らないと決められないよーという声がどこからか聞こえてきそうですが(笑)、

どれも捨てられない!妥協したくない!

ので、結果全てが叶うものを選ぶ事に。

それはそれは吟味しまくりな状態で、当然時間もかかったわけでございます(笑)。

 

そして、ついに決めたのです。我が家の"車種"!(笑)

結果、フランス車(笑)となりました。

 

 

以上簡単なプロローグ篇でした。

今後Babyzen yoyo+ (0+&6+)にした理由&使用してみた感想のレビューをお伝えしたいと思います☆

少しでも悩めるママたちのお役に立てれば。

 

ではまた次回に!

 

Kopi*